2006年06月15日

とんがらし(三軒茶屋)@M.ジョンファン

DSC02336.jpg

名称・設定-3.jpg
■住所:東京都世田谷区三軒茶屋1-41-12
■Tel:03-3487-1401
■営業時間:朝11:30〜夜10:00(LO夜9:30)
■定休日:日曜日

◆"修行僧もビックリ"の美味しく安全な薬膳カレー!

M.ジョンファンが行ってきます、薬膳カレー行脚。
今回は久々に薬膳カレーを食したので、
正直、ホッとひと息。
でも、そろそろネタ切れの予感です(言い訳)。

今回は三軒茶屋にポツネンを店を構える、どんがらしさん。
元気のいい女将さんが1人できりもりする、
アットホームな雰囲気のお店ですが、意外や意外(!?)、本格的な
インド風カレーが出てくるお店なんです。

もちろん私が食べるのは薬膳カレー。
なんでも"修行僧もビックリ"なお味だそうで、動物性のものは
一切使用しないというヘルシーさ。これは楽しみです。

続きは後半戦で〜す。


後半戦KICK OFF!!

◆へたすりゃ見逃す小さなお店

三軒茶屋から少し渋谷方面へ向かった246沿いにある、とんがらし。
角っこにちょこんとある為うっかりすると見逃すかも。
DSC02325.jpg
本格カレーと謳うわりには実に和風な看板だし、
注意しないと、さまようハメになりそうでした。

DSC02329.jpg
店内はカウンターのみのわずか9席。

M「いつも1人でやってるんですか?」

女将「1人でやるにはちょーどいいのよ、この店の広さで。
ウチのモノがたまに手伝ってくれるけど」

とのこと。そりゃそうか。


◆食いしん坊バンザイ!大盛り無料

店内の張り紙を見ると"サフランライス大盛り無料"の文字。
まよわず注文すると、、、
DSC02332.jpg
おお、これ食いきれるかなってな量だった。
他のお客さんの普通ライス見たらそれでも良かったかも、、、。


◆まるで精進料理な内容です!

で、ライスが運ばれてきた後、すぐカレー登場です。
DSC02334.jpg
おお、サラサラっとしたインド風ですよ。
具はパっと見ではそんなありません。
でも、かなり色々なものが煮込んで溶け込んでるとのこと。
トマトやほうれん草、クコ、そんで白キクラゲなどが
ちょっと形が残ってる感じ。

!!!!!
DSC02337.jpg
↑なんだ、この具は!?!?

M「これ何ですか? 麩?」

女将「豆腐よ。でも、ちょっと細工してあるの。じゃなきゃ煮崩れて
   形なくなるでしょ」

なるほど、豆腐か。
固めで、高野豆腐ってな食感ですな。
これは、坊さんも満足ですよ。

味はトマトっぽい酸味とスパイスが絡んで、
あっさりしてるけど、平べったい味じゃなく、
奥深さが感じられます。
豆乳も入ってるらしいが、それは良く分からなかった。
あと、とんがらしってだけあって、基本的に少し辛めです。

くどくないので、大盛りだったライスもペロリ。

しかし、やっぱり肉が入ったチキンカレーなどの方が、
味的にもバランスがよさそう。
ちょっとさっぱり感が強かったかも。
でも、健康面からいえば文句ナシだ。女性にオススメ!


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

主なメニュー

キーマスペシャル 750円
ビーフスペシャル 800円
豚バラスペシャル 750円
チキントマトバタースペシャル 750円
ほうれん草チキンスペシャル 750円
薬膳カレー 850円

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
posted by M.ジョンファン at 11:42| Comment(45) | TrackBack(11) | カレー屋エリア別一覧>世田谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

GARA西池袋(池袋)@M.ジョンファン

GARA西池袋 野菜スープカレー

名称・設定-3.jpg
■住所:東京都豊島区西池袋3-22-8
■Tel:03-3971-3940
■営業時間:11:00〜00:00(L.O 料理/23:00 ドリンク/23:30分)
ランチタイム 11:00〜16:30
■定休日:無休


◆野菜タップリ健康的カレーin池袋


ということで、今回も薬膳のレールを外した
M.ジョンファンです。どうぞよろしく。

本日はまたも目的のお店が休業日だったので
(先週のとは違いますが)一路、池袋へ。
目指すはGARA西池袋。野菜をふんだんに使ったカレーが
あるとの情報をキャッチしたので、
健康志向という大きな枠に(ムリヤリ)当てはめて、
(ムリヤリ)自分を納得させたのでした。

このGARAというお店は
ハーブとスパイスを使ってヘルシーで
デリシャスなカレーを食べさせてくる店との評判。
なんたってヴェジタリアンメニュー可というのには驚き。
価格もかなりリーズナブル。


リポートは後半戦へ!

◆素朴な味わいでほっとひと息!

比較的大きな店構えのGARAは
池袋OIOIシティの裏手、池袋の駅から
徒歩で約7〜8分くらいのところにありました。
GARA西池袋 外観
鮮やかなグリーンが印象的な外観

若い女性客が多かった印象あり。
けっこう人気店の様子です。
GARA西池袋 店内
独創的なオブジェなどが飾られた清潔感のある店内

ランチメニューが豊富でカレーのセットに限らず、
チキンやナンを組み合わせたプレートなどもあり。

でも、自分的に選べるのは野菜タップリなモノなので、
説明に野菜タップリのフレーズがあった
日替わりスープカレーを注文。


ナンとライスが付いて893円。ヤクザな値段です。
いやいや、安いですね。

家庭風とのコトなので、素朴な味わいでした。
よく言う”ほっとする”的な。
ちょっと嫌な言い方をすれば可もなく不可もない。

ただ、ナンは美味しかった。
割と固めなんだけど、
甘みがありスープカレーとも相性はよかった。
GARA西池袋 ナン
ライスと一緒なのでナンはちょっと小さめ。
ナンというよりローティー!?


まぁ、この評価は特にオススメでもない日替わりについて。
周りの人が食べてるものはウマソーだったし。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

主なメニュー (※ランチメニュー)

日替わりスープカリープレート 893円
プレートランチ 630円
コンビプレート 893円
三色カリーのオムライス 1050円
マトンカリープレート 893円
ビーフカリープレート 893円

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
posted by M.ジョンファン at 11:26| Comment(1) | TrackBack(0) | カレー屋エリア別一覧>豊島区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

ほんやら洞(国分寺)@M.ジョンファン

DSC01943.jpg

名称・設定-3.jpg
■住所:東京都国分寺市南町2-18-3 B09
■Tel:042-323-4400
■営業時間:12:00〜24:00(ランチは15:00まで)
■定休日:無休



◆カレー漂流記。辿り着いたのは国分寺だった

薬膳カレー縛りでガンジガラメ状態のM.ジョンファンです。
今日は目的のお店を2つも休業日で外すという決定力のなさを露呈。
(ちなみに行こうとしたお店は「やくぜん専科」さん、
「スローフード」さん)
そして僕は途方にくれて国分寺を歩いていると
目に飛び込んだきた"カレー"の文字。
そうして辿り着いたのは「ほんやら洞」さん。
こう言ったら失礼ですが偶然による発見でした。

場所は国分寺駅南口を出て左方向。
国分寺街道に向かい坂を降りていく途中にあります。
DSC01946.jpg
ツタに覆われたトラディショナルな雰囲気

DSC01941.jpg
レンガと木がマッチした味のある店内


実はこのお店、女性シンガーソングライター・中山ラビさんが
(またまた失礼ながら存じ上げませんでした)オーナーということでも
有名で、偶然にもカレーが人気のお店でした。
昼はカフェ 夜はお酒も楽しめるといった感じらしいです。

さて、そんなステキな偶然がめぐり合わせてくれた
カレーのレポートは後半戦で!。

◆スパイシーな本格派!顔面は大洪水だ!!

2つも店を外したあと。
空腹と焦燥感(仕事が後に控えてます)に駆られ
ランチタイムぎりぎりの3時に飛び込む。
そしてメニューを出してくれるのもかまわず速効でカレーを注文。

このお店のカレーはバターチキンカレー。
かなりスパイシーらしい。
で、昔はけっこう辛口だったとか。(常連さん談)

さて、カレーレポ行きます。

ソースはサラサラともトロトロの中間くらい。
ライスの上にはレーズン。そして珍しいフライドオニオンが乗る。
DSC01944.jpg
フライドオニオンはラーメンに限らず
カレーにも合うんですね


で、食べてみると実際かなりスパイシーだ。
ひと口食べるごとに体の芯にズンっとくる感じ!?
で、そんなに辛いって感じでもないけど汗とまんねぇ!みたいな。
食い始めるとハマって喋れません!!

いやぁ〜オーナーのラビさん自ら調合したこだわりのスパイス、
ヤバイです。なんでもラビさんはスパイスの色が手について
取れない、と、ぼやいているくらいらしいですから。


あと付け合せのたまねぎ(酢やクミンなどに漬けたもの)や
フライドオニオンもナイスアシストです。
DSC01945.jpg
付け合せのたまねぎ
コイツがけっこう合います



クレソン@亀戸の野菜カレーのフライドポテトもそうだけど
揚げたもののテイストって本当にいいアクセントだと実感。

チキンもやわらかで、しかもタップリ入ってる。
だから男性でも大満足のボリュームとなってます。

◆偶然よありがとう!

いや〜本当、今回は偶然でしたがいいお店と出会えました。
帰ってきて色々調べると
ここの常連さんにはけっこう芸術肌の方が多いらしく、
そんな方たちのリンク集なども発見↓
http://clinamen.ff.tku.ac.jp/HonYara/あとラビさんを詳しく知りたいアナタに↓
http://bakkers.gr.jp/~lami/rabi/index.html今年で29周年を向かえ、いよいよ30周年目に突入された「ほんやら洞」。
機会があればまた訪れてみたいと思います。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

メニュー(一部抜粋)

・五番町ブレンドコーヒー450円
・カレー 750円(ランチは850円でラッシーつき)
・えびすビール 500円
・つまみ 200円〜

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
posted by M.ジョンファン at 17:09| Comment(1) | TrackBack(0) | カレー屋エリア別一覧>国分寺市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

ビストロひつじや(代々木)@M.ジョンファン

ビストロひつじや 脳みそカレー


名称・設定-3.jpg
■住所:東京都渋谷区代々木1-59-1 オーハシビルM2F
■Tel:03-3320-3651
■営業時間:平日/ランチ 11:30〜15:00
           ディナー 18:00〜24:00
        土曜/ランチ 11:30〜15:00
           ディナー 17:30〜24:00
        日曜/ランチ 11:30〜15:00
           ディナー 17:30〜23:00 
■定休日:無休
■HP:http://hitujiya.ddo.jp/


◆羊肉を食べるならココ! な店の珍味カレー!

薬膳カレーのネタが尽きはじめたM.ジョンファンです。
さて、今回はacchaメンバーが最近良く出没する代々木です。

---------------------------------------------------------------
ちなみに他のacchaメンバーの行った代々木のお店は

LION SHARE ライオンシェア(代々木)@GOGO−t
アヒリヤ (代々木)@鼻
KAOTiP(代々木)@ざびえる
デリーズカレー DELEHI'SCURRY(代々木) @鼻
カレー専門店 銀座木挽町カリー(代々木)@ざびえる
oriental tableAMA (代々木西口)@鼻
・レストラン ポパイ(代々木)@ざびえる
Hutte Manx(代々木)
金魚CAFE(代々木)
---------------------------------------------------------------

お店は以前行ったおいしいカレー工房ひつじやの本家(といっても
内容は違いますが)ビストロひつじや。

ここで、先にお断りを。
本日は薬膳の範疇ではありません。
80's名作ホラー「バタリアン」よろしく"脳ミソ"が
どうしても食べたかったんです。
と、いうのもこちらでは「脳ミソカレー」なるものが
メニューにあるのです。
で、これは気になる、てなワケです。

基本的にお店は羊を使った料理が専門のレストラン。
チュニジア、アラビアなどの幅広い料理方法で羊肉を食わせてくれる。
実際、今日訪れるとランチのスペアリブステーキがかなりの人気で、
本当に"肉"ってものをじっくり味わえるお店のようだ。しかも安い!

さて、そんな今回。かなり期待に胸膨らませて訪れたのです。

◆ランチタイムは大盛況でした

場所は代々木駅北口を出て右方向、
踏み切りのすぐ手前を左に折れたところ。超線路際です。
ビストロひつじや代々木駅北口ビストロひつじや外卒

レンガ作りの味のある店内は↓ランチタイムということもあり大盛況の様子。
ビストロひつじや店内

先述しましたが、みなさんステーキを美味しそうに召し上がっておられました。
まぁ、そんな誘惑に負けないうちに速攻で「脳みそカレー」を注文するのでした。


◆香辛料と脳ミソが織り成す独特のハーモニー!

ビストロひつじやスープさて、混雑していたので
カレー登場にはしばしの時間がかかりました。
その間、セットのスープでやり過ごします。


さぁ、そして感動のご対面。
と、まず最初におひつに入って運ばれてきたご飯に驚き。
(TOPの画像参照!)
ちょっとづつ温かく食べられるのはうれしい。

で、肝心要の脳ミソカレーですよ↓。
ビストロひつじや脳みそのカレー
ウーム、汁気はほとんどありません。
これはルーというか脳ミソのカレー風味炒め的な感じですね。

味はというとかなりスパイシー。
脳ミソのコクと香辛料の風味、そして辛味オイルの
ハーモニーはちょっと独特です。
辛味があるので、クセは少し打ち消されている感じはしますが。

脳ミソは白子っぽいなどといいますが、火が通って少し食感は固めで
どちらかというとアンキモ!?のようです。

結論、これは苦手な人は少なくはないな。てな感じです。
料理として素晴らしいですが、体調によっても感じかたは変わりそう。
好きなはずのとんこつラーメンが日によっては重いと感じるように。

ランチはこのカレー単品の注文でサラダ、スープが付きます。
そして650円という良心的な値段。これはうれしい。



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

メニュー(一部抜粋)※値段は全て単品のもの

・羊飼いのトマト手打ちパスタ 720円
・スペアリブステーキ 640円
・アラビアのシシカバブ 470円
・マトンステーキ 550円
・羊のカレー 480円
・脳ミソのカレー 630円 etc.......

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
posted by M.ジョンファン at 12:44| Comment(1) | TrackBack(0) | カレー屋エリア別一覧>渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

日比谷・松本楼(新宿)@M.ジョンファン

DSC01753-2.jpg

名称・設定-3.jpg
■住所:東京都新宿区西新宿1-1-4 京王百貨店MBフロア
■Tel:03-5321-5243
■営業時間 10:00〜20:30   
■定休日:不定休
■HP:http://www.matsumotoro.co.jp/

◆老舗レストランの健康カレー

薬膳キラーのM.ジョンファンです。
今日はちょっとズッコケた一面もありの内容ですがお付き合いを。
さて、今回は日比谷で創業し101年という歴史を誇る老舗レストラン
「松本楼」の薬膳カレーです。
謳い文句は「体にやさしい、うれしい」カレーですと。
あと、ここでは
たまに10円カレーなんてイベントもやってるらしいです。
その辺はお気に入りのカレー屋さん300byたーぼーさんでご覧ください。


◆何たる失態! でTAKE OUT!!

今日はあいにくの雨。
本店は遠い!と判断。最寄の京王百貨店@新宿に向かう。
しかし、人が多いです、デパート。
そして食品売り場@中地下へ!いわゆるデパ地下か。
DSC01749.jpg
こんなところに!?
しかし、ホームペ−ジにはイート・インありの文字。
ところが
「..................ない」
そう、なかったのです。食べれるところ。
後で分かったことだけど
じっくりホームページみたらリニューアルの文字、、斬り!残念!
ネタのチョイスは置いておいて、カレーですよ。薬膳ですよ。

さっそくテイクアウトで薬膳を注文。
注文してから作ってくれるのは不幸中の幸いか!?

◆さっそく試食だヲ!

DSC01751.jpg
こんな↑感じでカワイク梱包されてます。

DSC01753-2.jpg
DSC01754.jpg
で、こんな↑感じでセパレートします。

お米は五穀米。ハト麦など雑穀類率高し。いい風味です。
サラサラ系のスープの味はとても甘口です。
多少の辛味はありつつも、まったく気にならない程度。

しかし、その口当たりとは裏腹にけっこう薬膳素材はしっかり。
八角、うこん、よもぎ、クコの実、豆鼓、ナツメグ、モロヘイヤ。
これらがある程度形として残るくらいしっかり入っておりました。
そういえば、少し漢方テイスティだったかな。

とても取っ付きやすい味ですが、甘口が苦手な人はダメかもです。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

メニュー(本店メニューから)
・ハイカラビーフカレー 735円
・薬膳カレー 735円
・オムレツライス(大人気)1030円〜


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
posted by M.ジョンファン at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カレー屋エリア別一覧>新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

カレー革命 本店(水天宮前)@M.ジョンファン

DSC01679.jpg

名称・設定-3.jpg
■住所:東京都中央区日本橋蛎殻町1−17−2
■電話:03-3639-3359
■営業:11:00〜23:00
■休み:なし

◆バングラディッシュ人店主による日本風カレー!?

さてさて、今回は世にも珍しい!?バングラディッシュ人発案による
日本風カレー!?を食べさせてくれるお店に行ってきました。
(!や?が多いな)
場所は水天宮前。屋号は「カレー革命」。
なんか、名前からしてメイド・イン・ジャパンな雰囲気です。

この店の何が革命なのか、それは行ってみればわかります、、。
って投げっぱなしだな。

ソチラについては後半戦で!ってことで、ハーフタイム!


◆あら、薬膳カレーはありませんよ!?!?

東京メトロ半蔵門線「水天宮前」6番出口からでるともう、
地上に出たまんまの方向に直進すればつく。
アクセスもバッチリですカレー革命!
DSC01672.jpgDSC01673.jpg
で、↑こんな感じでお店が見えてきます。
ちょうど工事中のようで、カンバンだけ最初にヒョコっと見えました。

DSC01675.jpg
DSC01675.jpg
店内はわりとこじんまり。カウンターと小さいテーブルがチラホラ。

で、薬膳ですよ。M.ジョンファンと言えば(これ定説です。古)
メニューを見ると、フムフム、カレー革命の何が革命か分かってきます。
最注目は「カレーチャーハン」。独創的です。
その他、カレーリゾットなどありそでなかった的なメニューが目白押し!

で、でも薬膳の文字はどこにもありません(汗)
実は超有名飲食系某フリーペーパー(クーポンつき)のHPを見たら
「他にはない薬膳カレーなど」って書いてあったのさ。
でも、実際ない。仕方なく訪ねる。すると、
「無いよそんなの」。ブフォ! 一杯食わされたぜ、HP。
でも、まぁ気を取り直してメニュー選びですよ。

◆ホッとする味だなぁ〜。の奇妙でウレシイ感覚

で、結局、本日のオススメ「野菜カレー」に。
健康に良いってことで、無理矢理な薬膳的アプローチのつもり。

DSC01674.jpgで、とりあえず、サラダが付いてきました。
コチラはいたって普通。


DSC01680.jpg
で、↑カレー登場!
まず、驚いたのは、野菜のチョイス。
ジャガイモは普通かなぁ!? でもインゲンやカブって、
ウチのかーやん(お母様<戦中生まれ>)でも、具に入れない渋いセレクトだ。
マジでバングラディッシュの人の発想か!?
小さい豆はアチラのモノだろうけど、こんなMIX具合もここならではか!?
味もホッとする味だよ。食いやすいです。そして、ウマイです。

何でも店主は来日20年ほどらしいですが、よくぞ日本人の味覚に
ここまで絶妙にマッチするものを、、、。感心しました。
来日以来、様々な料理を学んだらしいですが、
だからこそ出来たMIXスタイル。これは革命ですね。
バングラディッシュ人の作るカレーという視点から見ても。
しかも、無添加! ィヨッ!

と、いうワケで、他のブログなどでも好評の
「カレーチャーハン」食いにまた来たい次第であります。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

メニュー

本日のオススメ 850円
カレー革命オリジナル 750円
カレーチャーハン 900円
ボリュームセット 1000円
カレーリゾット 850円
トンカツカレー 900円
石焼カレー 900円
カレーうどん 900円

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
posted by M.ジョンファン at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | カレー屋エリア別一覧>中央区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BERG[ベルク](新宿)@M.ジョンファン

DSC01615.jpg

名称・設定-3.jpg
■住所:東京都新宿区新宿3-38-1 MYCITY B1
■電話:03-3226-1288
■営業:7:00〜23:00
■休み:なし

◆超穴場! そして格安!!

今回食したのは、カレー専門店以外のカレー。
そんでもって、明確に薬膳とはいえないものです。
だけど、その材料などから薬膳テイストが伝わってくるモノでした。
しかも、とてもリーズナブル!

で、そのお店とはJR新宿駅東口を出て左すぐの「BERG(ベルク)」。
カレーを出すお店としての知名度は低いかもしれませんが、
ビール党にはけっこう知られたお店。らしい。
その辺りの詳細はコチラコチラをご覧ください。




◆その場所駅近! でも意外とノーマーク!

0722_1.jpg
さっきも書いたけど、本当にJR新宿東口改札から徒歩30歩くらい?
店に入ったことないけど、「あ〜ココね」ってな
具合の意外な穴場なのかなと思います。
DSC01619.jpg
奥に移っているカウンターで注文して、席に着くって感じ。
DSC01620.jpg
スタンディングバーなんかもあり、パブっぽさも感じる。
他にもテーブルがいくつかあるけど、この雑然とした雰囲気が、
好きな人は好きなのだろう。けっこう自分好み。

14時過ぎに訪れたのだが、けっこうビアで乾杯なんて人も多い。
まぁ、基本がそっちなのだけど。
カレー目当てにくるオレのが異質な客になるんだろうな。


◆安! 早! ウマ!(牛丼かYO!)

カウンターで注文し、その場でチャチャっとカレーは出てくる。
カレーは「五穀米と十種野菜のカレー」のみ。
セットだとドリンクつきます。が、単品で注文。

DSC01618.jpg
見た目はけっこう煮込んであるってな印象。
というのも十種類も野菜が確認できなし、トロけてるんだろう。
最初、挽き肉を使ってる風に見えたけど、どうやら違うかな!?
白いツブツブが何なのかわからないが、ルー全体に広がっている。
これゴマなのかなぁ!? ちょっとゴマにしてはデカいけど。

DSC01617.jpg
ご飯は五穀米。先日行ったクレソンと同じ感じだ。

◆とってもスパイシー!!

見た目は今まで訪れたところに比べると、地味。
だけど、食べて驚いた。
とても480円(税込み504円)とは思えない味だった。
立派に専門店ばりのカレーですね。
かなりスパイシーで汗もにじむし、どこかのブログで
書かれていたように、"薬膳的"を感じ取れた。
スパイスの効いたルーの中にはゴマがたっぷりと
入っているらしいし。健康食です。

ぜひ、今度はビアとソーセージを食いに来たい。
カレーがこれなら、きっと本筋のメニューは美味しいだろうから。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

メニュー

五穀米と十種野菜のカレー 480円(単品)


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
posted by M.ジョンファン at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カレー屋エリア別一覧>新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

healthy curry&coffee cresson[クレソン](亀戸)@M.ジョンファン

DSC01569.jpg

名称・設定-3.jpg
■住所:東京都江東区亀戸6-13-1
■電話:03-5609-2757
■営業:10:00〜22:30
■休み:?

◆体に優しい薬膳カレー 心に嬉しいラバッツァコーヒーのお店

mjh.gifどうも薬膳カレーを求めて奔走しております、
M.ジョンファンです。今回は亀戸のクレソンに遠征!
美人母娘が丁寧な接客でお迎えしてくれる
創意工夫された薬膳カレーが堪能できるお店です。


学生時代にこの辺りによくいたので、軽くノスタルジーに
浸りながらのらりくらりと訪れてきました。

後半戦KICK OFF!!

◆トラディショナルな雰囲気の店構え!

DSC01560.jpg
お店の場所は亀戸駅から5〜6分くらい?
明治通りと京葉道路の大きな交差点(写真上)を超えて、
さらに首都高速の高架を目指して歩く。すると角に看板が
あるので、左折してスグ。
DSC01574.jpg
DSC01563.jpg
店内はカウンターのみですが、丁寧な接客もあって
とてもくつろげる雰囲気です。


◆注文は野菜タップリの豆乳スープカレー

メニューを見ると(写真下)薬膳カレーをベースに様々な
種類のカレーが。トッピングも選べるようだ。
DSC01567.jpg
迷ったのでオススメを聞いて、
野菜不足な近頃だったので、「野菜の豆乳スープカレー」を
オーダーすることにしました。

DSC01568.jpg
お通し?的にトマトが来ました。
特別な栽培方法のモノらしく、
甘みがあってあっさりした上品なお味!

◆創意工夫されたディテールに注目

さて、豆乳スープカレーが登場!
まずは見た目からじっくり観察。
DSC01570.jpg

実に種類豊富な野菜。彩りもキレイ!
ルーには豆乳が入るからなのか、白い感じのものです。
ここに45種類のスパイスとハーブが入ってるとは。
お米は雑穀米、胚芽押麦、もちあわ
もちきび、玄ソバ、ハト麦、玄米胚芽などを入れて
炊き上げているようです。かなりのこだわり。

と、食べていて気がついたのは、ジャガイモは
フライされたもので、これが食感的にも
アクセントになってオ・イ・シ・イ・YO!!
ディテールまでかなりこだわった感じが伝わってきます。

◆まとめ

会社からはちょっと離れててなかなか来れないだろうけど、
この辺りと相性がいいのか、門仲のディデアンといい、
満足の1品に出会えた。

頼んだものが豆乳スープだからか、
わりとサラサラしたルーだったけど存在感あり。
マイルドな中にピリっとした辛さのある味でした。

にしても、他のメニューも食ってみたい。
posted by M.ジョンファン at 17:10| Comment(1) | TrackBack(0) | カレー屋エリア別一覧>江東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

スープカリィ厨房ガネー舎(新橋)@M.ジョンファン

mein.jpg

名称・設定-3.jpg
■住所:東京都港区新橋5-12-2 鴻盟社ビルB1
■電話:03-3433-0309
■営業:11:30〜14:30 17:30〜20:45(LO)
    土曜日はランチタイム(11:30〜14:30)のみ
■休み:日曜祝日
■HP:http://www.shinbashi-mall.jp/shop/ganesha/


◆北の大地で誕生した薬膳・スープカレーの系譜

どーもM.ジョンファンです。
本日は昨今のスープカレーブームの火付け役、
札幌アジャンタの系統にあたる
新橋はガネー舎に行ってまいりました。

「30種類のスパイス」と「15種類の漢方薬」を
じっくり煮込んで仕上げたすぐれた薬効のあるカレーで、
本当に健康志向なものになっているらしいです。

以前の北海道特集のときにアジャンタの
レトルトを食べていたので、味は予習済みですが。


banner_04.gif
   是非、一票を!!!

後半戦キックオフ!!!!!!

◆怪! 入り口が2つ!!

別に驚くほどのことではないんだけど、ガネー舎は入り口が2つあります。

gaikan.jpgtori.jpg

どっちかというと、右が正規の入り口。左が裏口?
でも、ドチラでもOK。
自分は裏口!?から。

ゾウ.jpg

コチラ側から入って行くとこの店の屋号にもなっている
ガネーシャの置物がお出迎えしてくれます。


◆昼と夜の顔をもつガネー舎

今回は基本的な「とりカリィ」をオーダーしてみる。
金銭的な余裕があればナスも入った「とりナス」にしてみたかった。
で、カレーを待っている間、ふと周りを見渡すと夜には
お酒が飲めるということに気がつきました。
つまみも用意されていて「ラムの岩塩焼き」なんて気になるものも。


◆おおぉ、鳥モモが大胆!!

カレースープだからなのかカレーのわりには意外と長い待ち時間を
経て「とりカリィ」が運ばれてくる。

デザートまで付いてキレイな感じだ。

karee.jpgライス.jpg
rice.jpgdeZato.jpg

カレー(写真左上)は辛そうな赤いオイルが薄っすら浮かび、
香辛料と思しきものが漂う。
ライス(写真右上)はサフランライス。上にはらっきょうが乗る。

食べ方はスプーンにライスをすくいスープに浸すと調子いいらしい。
おお、なんか体によさげな味。
久々に薬膳カレーを食ってるって感じがします。
そんなに辛くないんだけど、汗がにじんできます。

で、改めてカレーを見て、おお!と思ったのは鳥だ(写真左下)。
モモがまるごと1本入っている。ちょっとほぐしてみる。

やわらか〜い!皮がまたいい感じでウ・マ・イ・YO!

しかし、ここのカレー。ウマイ!って表現よりもなんか
"クセになる"って感じの方が当てはまるかも知れません。

デザートは杏仁豆腐(写真右下)。
甘過ぎないいい意味で控えめな味でした。

◆まとめてみる

スープカレーを食べて思うことを自分なりにまとめてみよう。

@食べるのが難儀
まずはコレが気になる。スプーンでライスをスープに浸す。
この行為が面倒。カレーってルーとライスを無意識に配分するけど、
これはなんか余計にひと手間があるって感じ。

A食ったリアクションが薄い
お茶漬けのような感じでズッシリとこない。
カレーってもっと重たくてもいいかな


B咳き込む
これはここが薬膳系でスパイスが効いてるせいもあるだろうが、
思いっきり吸い込んでむせること多々あり


こうやって書くとマイナスなイメージばかりだけど、
まずい、食いたくないってのとは別。
食べ物(ス−プ)としてはとても気に入りました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

メニュー

とりカリィ(とりレッグ、人参、ピーマン) 900円
やさいカリィ(かぼちゃ、じゃがいも、ブロッコリー人参、
       ピーマン、旬の野菜2種類) 1,050円
カシミールやさいカリィ 1,150円
とりやさいカリィ 1,250円

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
posted by M.ジョンファン at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カレー屋エリア別一覧>港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

薬膳カレー&カフェKA・KU・RA 香食楽(中目黒)@M.ジョンファン

DSC01337.jpg

名称・設定-3.jpg
■住所:東京都目黒区上目黒2-42-13
■電話:03-3710-0299
■営業: ・平日  /12:00〜13:30
             18:00〜24:00 (L.O.23:30)
      ・土日祝/12:00〜24:00 (L.O.23:30)
■休み:火曜定休
■HP:http://ka-ku-ra.com/


◆今回は薬膳カレーの大本命だ!

どうも、薬膳カレーを食しておりますM.ジョンファンです。
さてさて、今回は薬膳カレーの中でも今話題(!?)となっている中目黒は
香食楽さんへおじゃましてきました。

ここは、大学で食物学を学ばれたスタッフさんが、
手塩にかけて作った特別なカレーがウリなんです。↓
---------------------------------------------------------------
世界最古の伝承医学インドのアーユルヴェーダや中国の薬膳学の知恵を生かし、
27種類ものスパイス・ハーブ・漢方素材を独自に調合した秘伝ブレンドスパイス。
たっぷりの野菜・鶏がらでゆっくり時間をかけてとった天然のだし。
じっくり炒めた飴色玉ねぎ、12種類の野菜と果実が溶け込んだルー。
化学調味料や市販のルーを一切使わず、丸5日間かけて作った(HP一部抜粋)
---------------------------------------------------------------
とまぁこんな感じで、こだわりにこだわったお店です。


banner_04.gif
   是非、一票を( ̄十 ̄)


◆都内屈指のオシャレスポット、中目黒に乗り込む!

香食楽はダレもが一度は住みたいと思うオシャレ人気スポット、
中目黒にあります。東横線中目黒駅を降りて右スグにある目黒銀座内。

DSC01333.jpg
DSC01334.jpg木の温かみのある素材感を基調とした
ナチュラルでキュートな店構え。
店内も照明から小物までこだわって
いい雰囲気です。


◆奮発!チキン野菜カレーを注文!

見るからに健康によさそうな香食楽のカレー。
野菜もタップリ、そしてチキンでたんぱく質もとれる、
バランスが最強と思われるチキン野菜カレーを注文。
しかも、米はオプションで雑穀米に。
しめて1700円。チト高いか、、
でも、でも
コレ食って体に悪いワケはないし、質が高いだろうから。

そして運ばれてきたカレー。
器は陶器。味があってここのカレーにマッチング。
さてさて、まずは見た目でチェック↓
DSC01339.jpgDSC01340.jpg
DSC01341.jpg上段左:雑穀米は+100円
     これは是非食べるべき
上段右:クコの実&松の実
     でました薬膳の証クコ。そして
     松の実。これウマイ。
下段 :ジューシーな野菜たち
     野菜は薄く衣が付いている。
     サクっとして◎                                                 


写真の通り見た目にも美味しい。
薬膳の定番クコ、そしてタップリ野菜、
そして雑穀米。ボリュームもある。

味は、マイルドな欧風に近いか。
タマネギの甘みが効いてます。
27種類のスパイスや漢方素材が入っているとは
全くもって感じない。
チキンはホロっと崩れて柔らかぁ。
野菜はサクっとしている。
食い応えはスゴクあってスバラシィ。

薬膳らしいイメージのする味ではない。
しかし、健康的なイメージが今までで
一番あったのは確か。オススメ!


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

メニュー(ランチ)

・かくらカレー S:800円 M:1000円
・チキンカレー S:900円 M:1200円
・野菜カレー  S:1100円 M:
・チキン野菜  S:M:
・日替わり薬膳プレート

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
posted by M.ジョンファン at 11:29| Comment(1) | TrackBack(0) | カレー屋エリア別一覧>目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする